あしたばの育て方 体に良く、料理やおやつ作りにも幅広く活躍するあしたば。 その魅力に目覚めたら、今度は、自分であしたばを育ててみてはいかがでしょう。

庭がなくてもベランダのプランターで、十分に育ちます!ただし、自然界では生命力の強いあしたばも、 栽培にはちょっとしたコツが必要です。

種から育てる方法

Step1 種をまく
  • ・時期は11月〜12月が理想的。
  • ・種は1日水につけ、発芽しやすい状態にする。
  • ・根が十分に育つよう、深めの鉢やプランター、発泡スチロールの箱を用意する。
    発泡スチロールの場合は、底に水はけ用の穴を2〜3個あける。
  • ・容器の下に小石を2〜3cmしき、その上に土を3〜4cm、次に肥料、さらにその上に土を入れる。
    肥料は灰や油カス、鶏糞など。化学肥料には弱いので、避ける。
  • ・直播きして、種の上には土をかぶせない。
Step2 発芽するまで

発芽した明日葉

  • ・直射日光は避け、日陰に置く。霜が降りる場所もだめ。
  • ・種の乾きに注意し、風で飛ばされないよう藁や新聞紙で覆う。
  • ・半日〜1日に1度、湿気を十分に与える。
  • ・発芽までは1〜2ヶ月かかる。
Step3 発芽したら
  • ・水やりは土の状態を確認しながら、春と秋は4〜5日おき、夏は毎日、冬は1週間に1回程度。
  • ・5〜6cmに育ったところで、30cm四方に1本程度になるよう間引きする。
  • ・30cmくらいに育ったら、古い茎葉は2〜3本残し、若い葉は茎ごとどんどん摘む。
    放っておくと早く大きくなって寿命が縮み、味が落ちる。
  • ・花が咲くと寿命が尽きる。上手に茎葉を摘んでいくと、4〜5年は食べられる。

苗木から育てる方法

明日葉の苗木

種から育てる場合と基本は同じ。

  • ・苗の根を半日〜1日水につける。
  • ・茎が2〜3cm土に隠れるよう植える。数本植える場合は30cm四方に1本の間隔で。
  • ・植えた後、土と茎の間から空気が入らないように、軽く土を押さえる。
  • ・植えた後何日かは、たっぷり水を与える。

いらっしゃいませ。あしたば本舗は、明日葉を原料とする食品をご提供しております。

効果を実感したいあなたに。便利でお得な6つの特典。定期購入のご案内

  1. 最大10%割引!
  2. 同時購入の他商品も割引
  3. 1回の注文で定期的にお届け!
  4. お届けのペース、お届け日を選べます。
  5. 合計金額6,000円以上で送料・代引手数料無料
  6. あしたば寿草GBの容器をプレゼント!※あしたば寿草GB詰替用ご購入の初回ご注文の方のみ

定期購入について詳しくはこちら

お問い合わせ

お悩み・ご質問にお答えします。

お電話でのご注文は 通話料無料 0120-103-011 受付時間 9:00〜17:00(平日)

お問い合わせフォームへ