あしたばをおいしく食べるコツ

あしたばの選び方あしたば(明日葉)

葉の色が薄く茎は細いものを選びましょう。

一番おいしい季節は新芽の出る3月から初夏にかけて。

夏場は新芽が出にくいので硬くて苦味が強く、さらに、葉が痛みやすいので店頭にはあまり並びません。

あしたばの保存方法あしたば(明日葉)を新聞紙で巻く

新聞紙で巻いて野菜室で保存しましょう。

あしたばを買ってきたらビニール包装を取り除き、新聞紙で直接巻いて、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

こうすると水分が保たれて、新鮮さが長持ちします。

味の特徴あしたば(明日葉)

歯ごたえがあり、軽い苦味と独特の香りがします。

ほうれんそうなどに比べ、硬くてしっかりしており、熱を通しても歯ごたえが残りやすいのが特徴。軽い苦味と独特の香りがあります。

葉の特徴
熱を通すときは短時間で。炒め物や煮込み料理には、最後に加えましょう。熱を加え過ぎると栄養が逃げるうえ、歯ごたえや色も悪くなってしまいます。
茎の特徴
意外にクセがなくて、食べやすい。茹でるとアスパラのような食感です。

クセをやわらげるための調理のポイント

調理次第でクセをやわらげることができます。

体には良くても、あのほろ苦さや香りはちょっと……という人には、調理法を工夫することで、あしたば特有のクセをやわらげることができます。

① 茹でる

明日葉を茹でる沸騰した湯に茎をつけ、30秒くらいしてから少し柔らかくなったら、全体を入れます。

※湯に入れたら、ひと息置いて、再び湯が沸いてくるくらいで取り出します。
ほうれん草くらいの茹で時間では硬過ぎて、他の食材や味と馴染まないので、注意!

② 水にさらす

明日葉を水にさらす粗熱がとれるまで、30秒〜1分、水に漬けます。

しっかり水にさらすことで、臭味がやわらぎます。

③ 切る

明日葉を切る軽く水を絞ってから切ります。

細かく切ったほうが、Cで絞るときに臭味が出ていきやすくなります。

④ 茹でる

明日葉を絞る切った後でもう一度水気をギュッとしぼると、臭味がやわらぎます。

いらっしゃいませ。あしたば本舗は、明日葉を原料とする食品をご提供しております。

効果を実感したいあなたに。便利でお得な6つの特典。定期購入のご案内

  1. 最大10%割引!
  2. 同時購入の他商品も割引
  3. 1回の注文で定期的にお届け!
  4. お届けのペース、お届け日を選べます。
  5. 合計金額6,000円以上で送料・代引手数料無料
  6. あしたば寿草GBの容器をプレゼント!※あしたば寿草GB詰替用ご購入の初回ご注文の方のみ

定期購入について詳しくはこちら

お問い合わせ

お悩み・ご質問にお答えします。

お電話でのご注文は 通話料無料 0120-103-011 受付時間 9:00〜17:00(平日)

お問い合わせフォームへ